手紙。







「トンカの治安を守るために街中には休まず警備にあたるロボットが居ます。」



「これでは悪しき心を持ったものはこの街にはいられませんね」


「丘の上にはマーケットがあり、様々なサービスが受けられます」



「中腹には食事をできる場所があります。
 お店の外に席が設けられているから海を見ながらランチ・・・なんてことができます」


「そう、ランチで思い出したのが・・・・」



「この街には多くのマリオネットが存在し、住民と一緒に過ごしています」


「家に住み、人と食事も一緒にとっているそうです」



「おばさんの作る料理は、どんな味がするのでしょうか」



「・・・・・・・。」



「ママンの手料理が食べたいです。」



「ママンと食事を一緒にしたいです。
 それまで、どうか、元気でいてください。
 近頃はすごく寒くなっています。風邪などひかぬように・・・・。

 また、手紙を書きます。      -ライアー 」









ん、ごめんなさい、文才がない・・・・・。
思い立って書いてみたはいいものの、続かない、続かないw
こういうのはテンションが大事ですねw

お坊ちゃんのお出かけ をテーマに服を着替えてみました。
ダッフルコートに耳あて(黒)とズボンと靴は背徳です。


これを、書くきっかけになったのが・・・
アップタウンにですね「トンカ便」という飛庭家があったので
興味本位で入ってみたところ・・・



うおおおおおおおおおおお!!!!
エンジンがついてるヽ( `・ω・´)ノ



初体験、空の旅!

トンカへはしばらく行くつもりがなかったのですが、
こんなことがありまして、観光できました!
貴重な体験でした!ありがたや!!いいなぁ、移動!


オマケ・・・



友人の蓮ちゃんにツリーとかもらっちゃった!
ありがとうヽ( `・ω・´)ノ
床だけ実装するのがガンホーらしいですねw
イルミネーションはすごくいいアイテムだと思う!
[PR]

by Raia-L | 2006-12-15 02:05 | プレイ日記。

<< 中間報告! 急げば死。 >>